コンサート会場の守衛スタッフ

人気アーティストの証ともいえる、全国ドームツアーの守衛スタッフをやりました。
アーティストのライブはそれまで数回しか行ったことがことがなかったのですが、いけなかった理由が、チケットが取れない・・・というものだったので、行きたくても行けない、という状況が続いていました。そのため、そのお仕事の話を聞いたとき、ライブを見れる!しかもタダで!!しかもしかもお給料までもらえる?!という大興奮のもと、1日だけですが、守衛スタッフのお仕事をしてきました。
私が守衛スタッフとして参加したのは、当時人気絶頂だった『GLAY』です。もちろん知っている歌もたくさんあるし、あわよくば、本人たちに間近で会えるのではないかと興奮さめやらぬまま当日をむかえました。
当日、ライブ開始の6時間ほど前に現地に集合し、説明をうけました。事前に体験した方からお話は聞いていましたが、カメラを向けているお客様はいないか、不正行為をしているお客様はいなか等をチェックするため、ステージには背を向けて立っていなければならないとのこと。このときは、まぁ音は聞こえてくるし、お給料ももらえるし、そりゃそうだよなぁという感じで、本番の時間が近づいてきました。
本番1時間前くらいに、自分の配置場所に移動してみると、二階席ではあるもの、何とまぁ皆様の死角になるような、絶好のポジション!最初は、指示どおりステージに背を向けて立っていましたが、そこはみんなからの死角。少しくらい・・・と思い、最初はチラチラ振り返っていたのですが、会場は暗いのでどんどん大胆になり、最後には、立ち見の客と化していました。(もちろん、拍手したり手を振ったりはしていません)
たった一回きりの体験でしたが、大変楽しいアルバイトでした。そして、その後、『GLAY』の大ファンになったことはいうまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です