限界年齢

限界年齢

妊活のブログを見ていると、女性の妊娠できる限界というものが出ている場合があります。産婦人科医のドクターによると42歳が限界だという記事が出ていました。現場のドクターの話ですからリアルです。一般的には40歳を超えた妊娠は色々と問題が生じることが多いため避けるべきであるというものが多いのですが、どうしてもという人はいるのでしょう。
40歳を過ぎると普通の方法では妊娠することは難しく、体外受精でほぼ強制的に受精させたり、排卵誘発剤で卵子を積極的に出してもらうという方法が必要です。実際には産婦人科医のドクターが判断するのでしょうが、一度でできるというものではなく何度もトライしてやっと妊娠できるというのが実情のようです。
地域によって差があるのでしょうが、東京都では10回までの不妊治療の補助を受けることができるようです。対象はお金がかかる体外受精などに限定されていますが、10回トライすれば幾らなんでも妊娠するだろうというのは間違いで、若い人であればともかく、40代になると10回どころか20回も30回もトライして、それでも妊娠せず諦めてしまう人も少なくないようです。
いくら排卵誘発剤を使い、人工授精をしたり体外受精をしたりしても、肝心な卵子に力がないと妊娠することはありません。また、妊娠しても奇形児の確率が大きくなるのもある意味うなづけます。
最近テレビ番組で卵子も老化するというテーマの放送がされたこともあり、女性の方々も妊娠を望むのであれば早めに手を打つ必要があると思われたようです。放送直後は不妊治療を望む人が産婦人科医に多く訪れたとの話もありました。一般的に女性の妊娠は35歳が事実上の限界だと言われていますが、それは卵子の限界年齢なのです。

マシュマロヴィーナスの口コミをまとめましたよ