月別アーカイブ: 2016年10月

結婚14年目の夫婦になりました

“今年で夫と結婚して、14年目になります。
子供も結婚してすぐに授かり、つわりに、切迫流産に…と新婚生活もままならず。

でも、夫は献身的に私を助けてくれました。

「この人と結婚してよかった。」

本当に思います。いや、思いました。

年月は過ぎ、子供も3人。1番下の子も小学生になり、子供に手もかからなくってきました。
そうはいってもまだまだ、子供です。子育て、家事、そして私自身もある程度の年齢にもなり体に異変も出てきました。

暇になりそうで暇にならない、いつもバタバタしている毎日が続いてます。

時間に追われて、「自分の時間」がなかなか取れません。

一方、夫は中間管理職になり、後輩の面倒を見ながら、上司の指示に従う、という大変な立場になりました。

それは私も頭で理解しています。

でも夜も遅い、週末も好きなことをしてる夫を見てて、苛立ちが尽きません。
この年代、特有の状況なんでしょうねー。

いつも帰りが遅い夫が、早く帰宅した時のことです。
普段は夕飯に白飯を食べない夫。
その日は、たまたまご飯の量がギリギリでした。
そんな時に限って、本当に珍しく夫が、白飯を食べたんです。

なんとかみんながお腹一杯になれたので、よかったのですが、何となく腹立たしい。

夫が何をしても、目について仕方ないんです。

2年くらい前までは、仲が良い夫婦でしたねー。

でも突然、何かがかわるんですね。
子育ての考え方というか子供の接し方も、許せなくなったり。
愛情表現の1つなんでしょうが、私は子供を見ていて、かわいそうになります。

最近は夫とはつっけんどんな話し方しかできなくなりました。

これで退職して家にいるようになったら、どうなるのかと、先行き暗いなーと感じるこの頃です。