月別アーカイブ: 2014年10月

アルキタ

私の面白かった仕事は営業です。
理由は色んな人との出会いにノルマを達成した時の喜び。
そして何よりいかに自分がお客さんと関わり商品のよさを伝え購入して下さるか!です。
自分がこの商品の良さを知らなきゃ自信をもって説明もできませんし、恐怖心を与えたら話しすら聞いてもらえません。
そして知識もなきゃ聞かれても答えられません。
お客さんの疑問や話をしてる時に私の答え方や正確さで感謝をされた時は良かったなぁと実感でき喜びがえられます。
また頑張ってね、とか言われると仕事に対して意欲も感じれます。
営業という仕事はお客さんあっての仕事なので、お客さんに少しでも会えた時は嬉しかったですし、お客さんに対しての言葉使いの勉強や商品の勉強も自分の為にもなりますし自分にとっては本当に働いたなかでは面白かった仕事と言えます。
また、仕事仲間もいい人で居心地もよく営業の仕事なので助け合いながら仕事ができました。
この営業という仕事で私は、仕事仲間との助け合う事も学び、言葉使いや仕事に対する責任も学び事ができました。
なのでやりがえがあり楽しい仕事で面白かったし自分にとっては勉強になる仕事でした。

なので営業は大変な事もありますが色んな事を学べる仕事だと思うので是非みなさんにも1度は働いてもらえたりオススメしたい仕事だと私は思っている仕事です。
責任感が強い方や人と関わるのが好きな方にオススメできる仕事だと私は思っています。
以上私が面白かった仕事です。

ゲームショップ

ゲームショップのレジ、ポップ作成、品出しなど行っていました。田舎でお客様は発売日以外はほとんどいない小さい店だったので、ただ立っているだけという日もありました。足がむくんで大変でした。
一番面白かったのは、モンスターハンターなど人気の商品が発売される日の接客です。いつも数えるくらいしかいないお客様が、開店前からお店の前に並んでいて、店長もニコニコしながら準備体操をしていました。開店すると、ワッとレジにお客様が並び、あっという間に閉店時間になっていました。そういう日はとても充実した気持ちになります。目標の売り上げを超えたら、皆で万歳していました。店長も機嫌がMAXに良いので、そんな時に休みを申請すると快く承諾してくれます。
アルバイトの仲間も個性的で面白かったです。後輩も年上なことが多く、男性がほとんどでしたが、おっとりとして気さくに話しかけてくれる人達でした。アルバイトの後に一緒にゲームやカラオケをしたりしました。ずっと続けることが出来たのは、楽しい仲間がいたからだと思います。
クリスマスはプレゼントとしてソフトとゲーム機本体がよく売れました。包装紙で包むのが苦手で苦労しましたが、おじいさんおばあさんがメモを片手に持って来店されるのを見るとホクホクしました。売り切れた時にお客様に伝えるのが心苦しかったです。クリスマスも店長の機嫌はMAXに良く、お菓子をプレゼントしてくれたこともありました。
アルバイトを辞めた時が一番辛かったです。

ミステリーショッパー

私が今まで一番面白いと思ったのは、ミステリーショッパーです。
飲食店ではなくて、携帯ショップのです。
大手三社のショップで、何件か指定された店舗を回って、店員さんの対応を見ると言うものでした。

一番の難点は、自宅から遠かったと言うことでしたが、それはそれで、知らない土地にドライブ気分で行けて楽しかったです??

携帯ショップによって、店員さんの対応も様々!
○○店がどう…って言うより、三社それぞれのカラーがあるんですよね。

社名は伏せたいので、A社、B社、C社と言う風に説明していきますね。

まずA社。
A社は、店員さんが比較的フレンドリーな方が多いです。馴れ馴れしいわけでもなく、気軽に相談できる感じ?で、機種変更やプラン変更など何も用事がなくても軽い気持ちで足が向く…。そんなことを思わせる店舗が多かったです。

続いてB社。
この携帯は、私が長年利用している会社なのですが、
「お客様は神様」対応です!
言葉遣いもすごく丁寧で、「○○様、」と言葉を添えてくれる。
すごく接客の研修が充実しているんだなあ~と感じました。
簡単に足を運べる感じではないけれど、一番信頼できると思ったし、店員さんの対応は気持ちいいとさえ感じました。まるでCAのようなイメージでしたね。

最後にC社。
ここは一言で言うと…、店員さんの年齢層が若く、チャラチャラした感じの方が多かったです(笑)
ダメ…と言うわけではないけど、なんとなく、私くらいの年齢にはちょっと…話しにくいかな(ー ー;)
若い子にはウケはいいと思いますけどね。
店員さんのメイクも濃い人が多いし…(笑)

携帯ショップって、なかなか自分が持っている携帯以外の会社は行かないから、興味深い仕事をさせてもらったな~と思い、すごく楽しかったです!

コウモリの捕獲調査のアルバイト

このアルバイトを見つるきっかけとなったのは大学のサークルの先輩からの紹介でした。その先輩は環境アセスメント関係の会社でよくアルバイトをしている方で、人手不足の時はたまに声をかけていただき私もアルバイトに連れて行っていただいていました。内容も期間も様々で、時には2日間河畔林の植生調査であったり、2週間の泊りがけでずっと動物の痕跡を探すアルバイトであったり多種多様でそれぞれ素晴らしい経験になるものばかりです。
 そんな中でも一際印象に残っているのは北海道十勝地方でのコウモリの捕獲調査です。今まで街中で飛び交うコウモリを遠目で見つけることがあっても近くでじっくり見ることなどなかったのでまず第一に新鮮でした。バットディテクターと呼ばれる特殊な機械でコウモリの発する超音波を聞き分け、捕獲したコウモリを計測。コウモリは哺乳類の中で唯一飛行することができるのですが、そのせいかとても小さく軽い生き物でした。人間よりはるかに小さい命に触れるというのはとても神経を使い、緊張するものだということも初めて知りました。
 このアルバイトのいいところは他にもたくさんあり、何より私が嬉しいと思うのは学生というまだまだ視野の狭い身分で、多くの社会人と接点を持てることだと思います。学校での勉強もとても有意義で大事なことだと思いますが、機会があれば積極的に外に目を向け、視野を広げることも重要です。移動時間が長い分、現場や会社で働く人たちに仕事の事や世間の事を聞く時間が多いのはこのアルバイトのいいところだと思います。

物産展での販売

百貨店などでよくある何とか物産展という人気のイベントのアルバイトをやりました。
私がやったのは全国うまいもの物産展という全国から色々な県の、色々なお店が集まっているイベントで試食販売をするというアルバイトでした。
有名なご当地グルメのお店や、大人気の北海道の海産物のお店の他にも、知らない物や、これはここの県の物だったのかとか、初めて見る物など色々な物がありとても面白かったです。
最初に配属されたのはお茶のお店でした。店主の方がお茶の知識や美味しいお茶の入れ方を丁寧に教えてくれ勉強にもなりました。
私のお店の前は、かりんとうのお店でした。
毎日同じ位の時間に試食魔と言われる人がやって来るのですが、エレベーター脇にかりんとう屋さん、その前がお茶という並びだった事もあり、エレベーターから降りたら先ずかりんとうを食べ、お茶を飲みながら次の目的のお店に向かうというコース迄出来ていました。
その方は1日2回来られるのですが3日目の第2部頃からエレベーターからその方が降りて来られると、エレベーター正面のお店の人の合図で皆一斉に試食を片付ける様子が面白かったです。
一緒にアルバイトに行っていた友達は北海道海産物のお店だったのですが試食のイクラが美味しくて試食用なのに自分でかなり食べていてこれもまた面白かったですが(笑)

イケメンの実演販売のお兄さんが居たり目の保養にも(笑)

翌日には出せない物を販売しているお店は閉店時間が近くなると値下げをしていますが、閉店後の片付けの時にお店を回っていると、そういう商品を捨て値位で売ってくれたり、おまけを付けてくれたり1人暮らしの身としては有難い限りでした。
しかも普段食べない様な物も色々と食べれますしね。
何よりそれが楽しかったかもしれません。

結婚式場で、花を飾ったり。

面白かったのは、スタッフの人が新郎、新婦とブライダルコーディネーターの方と打ち合わせをして、そのしてきた資料を元にこちらで想像したり、絵や写真があったりしたら、それを見ながら作業をします。
お花の専門学校行ってる時から、アルバイトでしてたので、その時は、週末だけで、花をアレンジしたりではなくて、ひたすら会場に、セッティングしたりと式が終わってからの新婦、新婦、両家の両親に渡す花を包んだり、その後の片付けや、土曜日だったら、日曜日の婚礼の準備とかで、なかなか花のアレンジは、させてもらいませんでした。
学校を卒業してからも同じ所で、そのまま働かしていただいたのですが、月曜日は、前日の片付けと週末にくる花の水揚げだけで1日は、終わりました。
かなりの量が1日でくるので、大変でした。
火曜日は、片付けは、大体終わっていたので、婚礼で使う小物の準備をしてました。
花は、生物なので火曜日では、まだ使いません。
水曜日は、婚礼で使うキャンドル台に飾る花やケーキで偽物のケーキに使う花のアレンジをしました。
けど、まだ、届いてない花材や枯れやすいものは、まだ、挿せないので、挿せるものだけしました。
水曜日にも花は、届きますが、月曜日よりは、少ないです。
木曜、金曜は、本格的に週末の準備で朝からアレンジとかを作成していました。
金曜日は、次の日の準備もあり、使う会場に花器まきと言って、器とかを使いやすいように会場においときます。
土日は、婚礼なので朝早く出勤して、夜遅くまで働いてました。
大変な仕事だけど、一生に一度しかない結婚式のお手伝いができたのでとても楽しかったです。