月別アーカイブ: 2014年9月

市が学生向けの短期アルバイトを斡旋していたので

学生向けの短期アルバイトの斡旋を市が毎朝やっていて暇な時に行ってはアルバイトをしていました。その中で紹介されたのが塾講師の助手でした。塾名は忘れましたが超難関私立の高校生しか受講できない塾でした。三日間朝から夕方まで英語漬けという講習でした。私は受付をしたり、配布物の配布、黒板消し、採点などの雑用をしました。受講しているのは超難関私立の毎年東大に3ケタは行っているという高校の生徒のみでした。三日間も英語漬けにしたら眠くなるのではと思いましたが誰も寝ません。大学受験用の勉強家と思えば大学レベルの英語をやっていてびっくりでした。しかも外大レベルでした。チョムスキーの変形文法を黙々と聞く生徒達に圧倒されてしまいまいました。講師はどんどん話を進めていくのでプリントの配布も追いつかない位、問題を出されたらあっという間に解いてしまうので講師と二人係でも採点が間に合わない位でした。質問させたら的確な質問をしてきます。一回聞いたことはすぐに頭の入るらしくかなりの量の勉強でしたが誰も落ちこぼれませんでした。それだけ勉強いているのに帰宅の際には置いてある本を読んでさらに勉強したいからと借りたいと言い出す始末でした。初めて本当に頭が良くてやる気のある生徒に接しました。講師も「すごくてびっくりしたでしょ。僕も初めての時はこんな子もいるんだなと感心したんだ。」と言っていました。講習会もいやいや勉強している感はなく、生き生きしていました。そして休み時間は普通の高校生でした。私ともフランクにおしゃべりしたり冗談を言ったりと楽しい子達でした。本当に頭の良い子達と触れあえた貴重な体験でした。

催事での洋菓子販売

これまで経験した仕事の中で特に面白かったのは、催事においての洋菓子の販売です。
雇い主の業者さんとは、知合いの紹介でお仕事をさせていただくようになりました。

仕事内容としては、各地の催事に出店した際の品出しや在庫管理です。催事とひとことで言っても色々あり、百貨店のお歳暮解体セールとか、大きなホールを貸し切っての市場のような(?)催しの時もありました。

入店する時は大抵ひとりなので、催事ごとが2店舗にまたがった時は大変でした。
まず、朝入店して在庫報告や品出しをした後、もう一方の店に電車で移動して同じことを繰り返して…。一日に何往復かするんです。
これが大変で疲れるんですけど、やっぱり店舗によって客層も違えば売れ行きも違うんですよね。同じ系列の百貨店なのに、従業員の対応も違うんです。
そういうことを見て経験して、あ~この店では買い物しないでおこうとか思ったり(笑)。
色んな面ですごく勉強になりました。

また催事となると1週間ほど通して入店することにもなるので、何度目かのお客様が来てくださることもあるんです。
あなたに薦めてもらって美味しかったからまた買いに来たよ~!とか、頑張ってね~応援してるわ!とか…優しい声を掛けていただける時もあって、本当に温かい気持ちになりました。

それまでは接客業はあまり経験がなかったのですが、とても楽しい仕事だなと思いました。
今現在は腰が痛くて立ち仕事は出来ないのですが、またチャンスがあればやってみたいなーと思っています。